脇の黒ずみとムダ毛の自己処理

脇の黒ずみの原因として大きく影響をしているのが、本人で行うムダ毛の自己処理です。

 

どのパーツよりも目立ちやすく、頻繁に処理をしなければならない場所なので、何回も肌には大きな負担がかかります。

 

自分でするムダ毛の処理方法は、多くの場合が使い捨てカミソリによるシェービングです。ドラッグストアなどでも安価な価格で販売しているので、手軽な消耗品でもあります。

 

自宅で自分の好きな時に、簡単にムダ毛処理ができますので、何回も利用をしてしまいがちです。しかし、この手軽な自己処理は、皮膚にとても大きい負担を与えることになります。

 

カミソリの刃を地直接素肌に当てる処理ですから、皮膚には毎回のように細かい傷がつきます。肉眼ではあまりわからないので、本人も気が付きにくいです。

 

傷がつくことで炎症を起こしやすくなり、その炎症が完全に治らないうちに、またカミソリでのシェービングをするので、炎症は悪化します。その炎症が、皮膚に黒ずみとなって残ることになります。

 

皮膚に傷がつくことで皮膚のバリア機能はどんどん低下をしますので、外的な刺激からは肌を守れなくなります。乾燥もしやすくなりますので、そのままにすると肌トラブルも増えます。

 

 

脇の黒ずみの原因と角質の汚れ

脇の黒ずみの原因は自己処理も大きいですが、皮膚の毛穴の角質の汚れも引き金になっています。

 

古い角質や汚れが毛穴に詰まることで、色は黒っぽくなりますし、みためにも肌の状態が鳥肌になってしまうこともあります。パーツ的にも毛穴の穴は広いですし、汗も良くかく場所です。

 

だから余計に、汚れや皮脂に角栓までも詰まりやすくなるのです。皮膚の新陳代謝が順調ではない証拠でもありますので、適切なケアを心がける必要があります。

 

しっかりと汚れ落としをすることが大事

におい対策で消臭クリームや消臭スプレーを使っている場合も、毎日のバスタイムでしっかりと汚れを落としておかないと、毛穴には蓄積されやすくなりますので注意です。

 

意外に感じるかもしれませんが、意外とこのパーツは乾燥をしていることがあります。その乾燥も、皮膚をくすませる要因となります。

 

皮膚の乾燥とくすみ

皮膚が乾燥をすることによって、体は肌を守ろうとします。すると皮膚は厚みを増しますので、それでくすみが出てきやすくなります。また、日ごろからの強い摩擦も原因になりますので、気を付けたいところです。

 

バスタイムなどで、ナイロン製のタオルなどで毎日ゴシゴシ洗っていると、肌には強い刺激となって、次第に黒くなってしまいます。